読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来世と生の狭間で【日本一周予定地】

メンヘラ日常雑記ブログになると思います

わからないことをそのままにしておく、幸せ?

こわい、不快

どうも。くさかべです。

 

 つまらないです

 

完璧な人間なんていない

いないとわかりつつもできるだけ完璧になりたいと思うけど

 

僕はもしかしたら何にも興味がないのかもしれない

自分が好きだと思っているものも自信をもって好きだといえるものはない

考えれば考えるほど本当は好きではないのではないかと思える

 

好きなものを手に入れることができないことが怖くて

好きなものに本気になれていない

そんな気がする

 

僕は怠け者だから好きなものですら楽なものを選んでいるのではないか

それは本当に好きなものと言えるのか

できれば「何もしたくない」と思っている

それなのに何かが好きだといえるのか

 

そもそも何もしたくないのであれば

何もしないのではないか

なんとなく何かを好きになること

これは損得、苦楽で考えていない

本当の好きなのでは?

 

わからない

 

 

 

 

 

僕は努力することの素晴らしさをわかっているつもりだ

努力したことを決して無駄だと思わずに

努力に見合った何かを見つけることができるポジティブさも持っている

僕が今までした努力が努力分だけ報われなかったことはない

 

なのに、僕は努力が嫌いだ

失敗するのが怖いから

自分の限界が見えてしまうのが怖いから

ただただ怠け者だから

 

見合ったどころかした努力より得るものが大きいと思うことさえあったのに

それでも、嫌う

 

そんな人間が生きていていいのか

意味は価値は理由は?

もちろん決めるのは僕だ

 

わからない

 

 

 

 

 

何もしたくないから

誰かができることはやりたくない

僕の代わりがいるならその人に任せて

僕はずっと眠っていたい

 

僕は特別を求める

自分に唯一無二の価値が欲しいから

 

本当は生きていたいから?

どう考えても面倒なのに

 

自分が普通だと思い込んで死のうとしている

僕の価値を僕以外の雑魚に決められないから

 

普通だから死ぬのは普通だ

 

わからない

 

 

 

 

 

人は何かの枠に納まるべきだと思う

そっちのほうが面倒がない

 

僕はどの枠に納まるのだろう

決まっていればどうすればいいのかわかりやすいのだけれど

わからないからしょうがないと思えない

 

気持ちが悪い

もっとキッパリ全てが決まった世界であればいいのに

そうであったら僕はもっとゆるい世界を望むだろう

 

わがままなだけだ、たぶん

怠け者で臆病なだけだ、たぶん

 

考えるのもめんどくせ(笑)

 

 

 

おわり