読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来世と生の狭間で【日本一周予定地】

メンヘラ日常雑記ブログになると思います

頭に酢をかけて柔軟な思考を養い新たなビジネスの枠組みを計画した

どうも。柑橘類を食べると目の下から汗が吹き出す体質の、くさかべです。

 

旅をしていて思いつきました

 

カーブ危険!死亡事故多発!みたいな看板あるじゃないですか?

あれ!見てると逆に危なくないですか?

特にバイクは顔が向いている方向に進むので危ないです

気を取られて事故りそうになります

 

押すなよ…押すなよ…みたいな?

最高級オナホ購入!さらにアド取れそうなソープ発見!そして淫乱痴女が彼女に!

でも不能みたいな??

 

本末転倒的なことが言いたかったのです許してください

 

話を戻しますと注意を促す看板の代わりの何かが欲しいと思ったわけです

で考えました

 

 

案①(僕の地元ではこれをイチマルと読みます)

自動車免許、自動二輪免許、原付免許を取った時に脳にチップを埋め込み、危険な地点が近づくと、脳に埋め込まれたチップに直接信号が行き(詳しいことは分からないから雑)運転者に伝えるというアイデア

 

これなら看板に目を取られることなく急カーブに対応できると思うんですよ

 

しかしですねプライベートがなんちゃら、人権がなんちゃら的なアレにひっかかりそう

それから莫大な費用がかかる、初見(初信号キャッチ)で驚いて事故る可能性がある

 

後者に関しては免許取得の時点で何回かテストすればいいね、うん

 

それにまず信号をキャッチした時の感触を「誰かに伝えられた」じゃなく「自分で気づいた」ようにして、第六感的な何かで危険を察知したと思わせれば問題ないのでは

(注意したところでスピード出して事故るやつは事故るし、それについてはどうしようもない。とりあえず看板のせいで事故りそうにならなければいいのだ。)

 

 

案②(ニマルで変換できないのにマルニだと変換できる)

世界中探せばどこかにいると思われるテレパス能力者を配置して(しかも国内全てにテレパシーを送る必要がある、テレパシー可能範囲によっては県、町と配置する能力者を増やさなければなのだ)この道は危険だよって教えてもらう

 

まずテレパス能力者がいない。いたとしても量産する必要がある。量産したとしても能力者にも職業の選択がうんたんと騒がれそう。

奴隷みたいにしないと面倒そうです

 

案①と同じく信号に驚いて事故る可能性がある上、能力者が無能力者を恨んでいたらわざと事故らすようなことをしてパニックになるかもだ

人として置いておくと無理そうなので脳みそだけ取り出してテレパシーしてもらうのが良さげ

 

 

案③

カーナビに危険ポイントを記録する

 

大きな問題なし、現実的に達成できそう

バイクにつけるのが難しいが、カーナビを付けることを義務化すればいいだけの話だ

カーナビに気を取られて事故る可能性は今でも存在するし、特にと言ったところ

 

 

【終】

車もバイクも運転している時に思います

脳に直接信号を送ってくれと

看板云々に限らず、もし技術が発展して、歩行者、自転車の位置までわかるようになれば、事故を減らせるのではないか

 

これも何かと批判されそう

とりあえずやってみてダメならやめればいいと思います

僕はやってみてから考える派です

 

急カーブの看板で「速度落とせ!死ぬぞ!」

って書いてあって爆笑して危なかったし、割ガチ改善すべきだと思うんだよなぁ

 

さっきも書いたとおり、僕はとりあえずやってみる派なので、山篭りをしてテレパス能力を発現させて、テレパシーを有効活用できる感じで起業します

 

では