読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来世と生の狭間で【日本一周予定地】

メンヘラ日常雑記ブログになると思います

中身のない僕の話

どうも。ガトチュ☆エロスタイム(牙突・零式)で傘を折る男の中の男、くさかべです。

 

 

中身のない話をしようと思います。

 

 

【世界征服】

僕の小さい頃の夢は世界征服でした

全人類が自分の思い通りに動くことを夢見ていました

 

が、賢くなった僕は、他人は自分ではなく、自分は他人ではないと気づいてしまった

世界征服の夢が自分以外の人間を全て殺すことに変わった瞬間である

 

で、僕はとても寂しがりなので僕の一番の理解者である、僕のクローンを世界中にばらまくことにしました

 

さらに賢くなってしまった僕は世界中にばらまかれたクローンはそれぞれの環境で変化し、個性を持ち始め僕ではなくなってしまうことに気づきました

そうしたらまた僕以外の人間(僕のクローン)を殺さねばと

 

考えに考えた結果、コスパ最悪なので世界征服は諦めました

 

その後

スーパーの前で食べたたこ焼きが美味しかったので、

たこ焼きでみんなに笑顔と幸せをと届ける、たこ焼き屋さんになろうと思いました

 

その後

たこ焼きを焼くのが面倒なので逆玉の輿ヒモ野郎になろうとしました

 

その後

今はニートです。

 

 

【嘘】

ここに書いてあることは全部嘘です

ぼくが言ったことは全部嘘です

ごめんなさい

嘘が嘘です

 

見栄張るために嘘ついている僕は輝いていると思う。

偽物一番星(嘘)。

 

 

【防犯】

僕は防犯という言葉が嫌いです

悪いことする奴が悪いのに良い事してる人がなんでそいつらのこと考えて行動しなければいけないのか

悪い奴はみんな死ねばいいのに

 

僕は死にました。

 

 

【劣等感】

僕は劣等感で出来ています。

僕以下の人間はほぼいないに等しいです

もしも、僕が僕以下の人間を見つけてしまったとき、どうなるか

そーゆーことです

 

僕の劣等感のことをなんとなく他人に話したら、

「それはお前が人を見下してるのではないか」と言われました

とても不快だったのでその日のうちにそいつを電話帳と脳内から消しました

 

図星をつかれて、腹をたてる僕。

 

 

【繋】

打つのが面倒なので方言はカットします

?「もしもし」

僕「もしもし」

 

?「○○(僕の下の名前の頭二文字)?俺△△だけどわかる?」

僕「あ~久しぶり」

(全くわからなかったが、僕の名前の呼び方で小学校の同級生ということはわかった)

 

?「お前成人式来ないの?」

僕「今バイクで旅してるから」

(この時既に帰宅済み)

 

?「中学の野球部で○○だけ連絡なくてさ~」

僕「ふ~ん」

(この時電話の相手が小学校から中学まで一緒に野球をやっていた誰かだと気づく)

 

?「みんな会いたがってるよ~」

僕「そっか~残念だわ~」

 

?「帰ってきたら連絡くれ~」

僕「わかった、じゃ」

 

久しぶりに家族バイト先以外で電話が来て震えながら非通知の電話に出たのだが、出る価値はなかった

ニートであることの劣等感がそうさせるのか、人嫌いがそうさせるのかわからないが、もう過去の知り合いに会うことはない

僕にとって君たちは遠い過去の名前も顔も覚えてすらいない(忘れた)人達なんだよ

 

姉は地元関連でつるみ続ける人間をゴミと言っていた

僕はそこまでは言わないがせめて僕を巻き込まないで欲しい

 

うまく言葉にできないけどそーゆーんじゃないんだよな僕が欲しいのは

 

というわけで成人式関連の全てに行くことはありませんでした。

 

 

【思いやり】

僕が何かをしたらあの人に迷惑をかけるのではないか

僕がアレをしたらあの人を不快にさせてしまうのではないか

僕がソレをしたらあの人は悲しくなってしまうのではないか

僕が何をしても誰かを辛い目に合わせてしまうのではないか

僕がいたらあの人は面倒なのではないか

僕のことを覚えている人は僕のことを少しでも考えてしまうのではないか

僕が生きていることはみんなを損させてしまうのではないか

 

僕が消えてなくなれば、存在すらしなかったら、みんな幸せなのではないか

 

自意識過剰、被害妄想

他人はそれほど僕に興味を示さない

 

これは僕なりの優しさ。

でも他人は僕じゃない。僕の優しさを嫌がる人間もいる。

面倒だから人間みんな殺すか。面倒だからやめるか。面倒だから死ぬか。

 

 

【美味しいご飯】

一人で食べるマクドナルドのハンバーガー

一人で食べるコンビニ飯

引きこもって食べるスナックと炭酸飲料

 

逆はバーベーキュー、焼肉。

 

 

【後悔】

その時々のベストの選択をし続けているので後悔はほぼない

ベストの感覚が違う別の世界戦の僕が幸せであること知ってから後悔すればいいと思う。

 

後悔することに意味はあるのか

反省には大きな価値がある次にいかせる

終わったことならよくね?時間の無駄じゃね?次頑張ればよくね?

人生って結構長いよ?少しのことでくよくよすんなよ?

 

僕の人生は後悔する時間も反省をいかす時間もありません

 

僕は今の自分を認められないので昔の自分くらいは労ってやりたいです

(認められない、これは後悔なのかもしれない)

 

後悔はほぼないってのも嘘かも

 

 

【矛盾?】

矛盾ではない、ヤマアラシのジレンマ?

平和を好むけど争いが好き

インドア派だけどアウトドア派

さみしがりなのに人嫌い

あがり症、人前に出るのが苦手なのに目立ちたがり

運動スポーツが嫌いなのに動くのはそれなりに好き

劣等感の塊、人を見下す

 

自分が大好きなのに大嫌い

 

言葉が足りないだけで、この部分とこの部分は好きだけどこことここは嫌いってことだと思った。

自分の好きなところを探したら「決断が早い」だけだった。

嫌いなところは多すぎて面倒なので割愛。

 

生きづらさを加速させてる。解決できないことが多すぎた。

 

 

【リトルグリーンメン】

好きなキャラ。目が三つあったらどんな世界が見えるのか。

 

 

【普通と特別】

僕が人に何かを相談すると「それ普通だって、みんなもそうだから(安心しな)」とほぼ同じようなことをいわれることが多かった

殺意が沸く

 

まず普通に問題の解決になってない

逃げてるだけじゃん?いいのそれで?

てか何のために相談してると思ってるの

君を信じて解決すると思ってね

 

それから僕は「普通」じゃない

僕は「特別」なんだ

 

大抵の人がそう答えるということは大抵の人はそれでいいと思っているのか

ということは僕が「特別」である証明になるじゃないか

殺意は消える

 

しばらくして思い出してイライラして物を壊す。

物を壊すことは結構得意だ。

 

 

【色】

一番特別な僕の好きな色は「黒」

何色にも染まらない最強の色だから

 

そこそこに特別な僕が好きな色は「白」

何色にでも染まれる自由な色だから

 

普通の僕が好きな色は「緑」。

穏やか、自然な感じが好き。

 

 

【ここまで】

自分を見て欲しいからブログを書いてるツイッターをしてる

興味を持って欲しい知って欲しい許容して欲しい理解して欲しい好きになって欲しい

 

でもすぐに忘れて欲しい

いろいろと面倒だから(僕なりの優しさ)

 

もう少し頑張ってみるけど得るものはなさそう

激しい後悔をするかもしれない

まぁそれはそれで勉強かな最後の

 

おわり