読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来世と生の狭間で【日本一周予定地】

メンヘラ日常雑記ブログになると思います

滅茶苦茶面白かったこと(その②)

日記

どうも。

今日の朝のバイトで一時間ほど勃起がおさまらず、

チンポジを修正するために、

チンコにチョップしていたら、

バイトの先輩に見られて、

「お前昨日の事故で頭打ったのか?」

と言われた、くさかべです。

 

こんばんは!

 

 

 

 

さて、きのう書いた奴(滅茶苦茶面白かったこと(その①))の続きを書いていきたいと思います。

 

トラックのお兄さんが行ってしまった後、

僕は1人になって、冷静になったりパニクったりしてました。

 

ここで謎のシスコンを発揮して、なぜか姉に電話をかけようとします。

 

その時、車が近くに止まって、

中からおじさんが出てきて、

「どうしたの?」

と声をかけてくれました。

 

このおかげで僕は冷静になることができました。

姉に電話するのは中止して、

 

ぼく「ちょっとぶつけてしまいまして…」

おじさん「そうなの?」

 

ぼく頑張って状況説明。

住み込みバイトしてること、この車はバイト先のものだということなども話しました。

 

おじさん「とりあえずバイト先に電話したら?」

ぼく「あっ、はい!」

 

あほ過ぎて気づかなかったのですが、

普通に考えればそれが一番最初にすべきことでした。

 

※コミュ障パワーで文頭には「あっ」が付きます

 

そして場長さんに電話したところ、

迎えに来てくれるそうなので、ちょっと待つことになりまんこ。

 

おじさんとまた少しお話しました

 

おじさん「君、野球やってたの?」

 

!?急になんだこのおじさん???

見る目ある人やんな~~~~~~wwww

やっぱ分かっちゃうか~wwwwww

俺から溢れ出る野球人オーラって奴?wwwwwwwwwww

 

ぼく「あっ、はいっ!10年やってました!」

 

おじさん「やっぱりー」

 

おじさん「野球のバック持って、野球のコート着てるから、聞いてみたんだけど」

 

なるほどね。そーゆーことね。わかるわ。

 

おじさん「俺のチームで野球やらない?」

 

ぼく「!?(勧誘ですかなwwwww)」

 

おじさん「俺、草野球チームの監督やってるんだ。今は練習してないけど、春からやるけどね」

 

(これまでのやりとりはぶっ壊れた車の窓とドアを通して行っております)

 

いろいろ話して道具もどうにかしてくれるらしいです。

時間も21時からだから大丈夫!とおっしゃってました。

(僕のバイト4-10と15-20なんじゃが??????コロスきか?)

 

とりあえずさらに色々話したところ、

バイト先の社長とお知り合いだそうで、

 

おじさん「車のエンジンかかるなら牧場まで走るか、一緒に後ろ走ってやるから行くか」

 

ぼく「」

 

さっき事故ったばっかなのに運転するんか~いwww

 

でも、着いて来てくださるのは、とてもありがたいですし、

レッカー車頼むとお金がアレなので頑張ることにしました。

 

めちゃめちゃ気を付けてやっと着きました。

バイト先の人たちに迎えられ気まずい帰還。

 

バイト先輩①「大丈夫?くさかべが無事でよかったよ」

バイト先輩②「まぁそうへこまんと。今度飯でもおごっちゃるけん」

場長「はっはっはw派手にやったなw後始末は任せて休んでろw」

社長「廃車寸前だったからね。あんまり気にしないで。大丈夫だから。」

 

・・・・・・・・・・・・・

あったけぇ…

これがバイト仲間(ファミリー)…

 

 

まぁヘコんでるのは僕じゃなくて、車なんですけどねwwwww

申し訳ありませんでした。

 

反省したぼくは部屋に戻って昼寝をしました

 

 

さきほどのおじさんと連絡先を交換しました。

おじさん「なんかあったら連絡して!」

ありがてぇ…

お礼を言うと、おじさんは帰っていきました。

野球をやることは確定してるような話の進め方でしたが、僕はやるとは一言も言ってないんですよね。

しかし、少しでも恩返しになるなら、頑張りたいと思いました

 

 

 

こうしてぼくは元気に過ごせているわけです。

皆様本当にありがとうございました。

 

これでお話は終わりです。

 

 

僕があまりに死を望んだせいで、

神様が私の希望を叶えてくださったのかもしれません。

神様、もう少し時間をください。

お願いします。もう少しでいいんです

都合のいいことを言っているのは分かっております

でも私にはやりたいことがあるのです

また次の機会にお願いします

 

 

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。ぐちゃぐちゃの長文になってしまい申し訳ありません。

 

皆様に神のご加護があらんことを